TAG

PDCA

実践できてる?動画PDCA

こんにちは、上野です。 12月に入り、時の流れが早く感じます…。さすが師走ですね…。 みなさま、今年制作した動画の効果はいかがでしたか? 動画を制作される際には、はじめにペルソナ設定をされているかと思いますが、 本当にその方たちに動画が見られているのか確認し、改善されていますでしょうか? 非ターゲットに何万回と動画を再生されても、マーケティング目標は達成できません。 YouTubeは圧倒的なユーザー数を誇る動画プラットフォームです。 近年では、YouTubeを活用した動画マーケティングを行う企業も多く見られます。 今回は、Youtubeアナリティクスを使った動画PDCAの活用方法をご紹介します。   youtubeアナリティクスを確認しよう Webサイトのアクセス解析のように、youtubeでは動画のアクセス解析を行えます。 「YouTubeアナリティクスを知っているけど、触れたことがない」という方、まずはYouTubeへログインしアナリティクスの項目をクリックしてみましょう。 YouTubeアナリティクスへは、YouTubeアカウントへログインしクリエイターツールへ切り替える必要があります。 左のカラムにアナリティクスが表示されます。 クリックすると、アコーディオン式のメニューが表示されますね。 確認しておきたい項目 ・ターゲットによる再生数 再生回数(視聴回数)はYouTube動画で皆様が一番気にされる数値ではないでしょうか。 パフォーマンス指標としてわかりやすいので、KPI目標にも設定されやすいですね。 しかし、何万回動画が再生されてもそれが非ターゲットでしたら何も意味がありません。 どのような層に動画が再生されているのか、確認し動画の効果を計測する必要があります。 下の画像は、とあるアカウントの管理画面です。 数値が折れ線グラフで見ることができます。 さらに詳しい数値を知りたい!という方は、 グーグルアナリティクスの画面右上にある、 「レポートをエクスポート」でレポート(cvsまたはエクセルファイル)をダウンロードしましょう! グラフに記載されていない、より詳しい数値を確認することができますよ。 ・視聴者維持率 グーグルアナリティクスのメニューから、 「絶対的な視聴者維持率」と「相対的な視聴者維持率」を確認してみましょう。 この2つの維持率ですが、YouTubeによりますと… 絶対的な視聴者維持率 動画のどの部分が最も視聴されているのかを知ることができます。絶対的な視聴者維持率の曲線は、動画の各時点での視聴回数を、動画の全視聴回数で割った割合を表します。 注: どの動画でも最初の 15 秒間に注意する必要があります。再生をやめる視聴者が最も多いのがこのタイミングです。 相対的な視聴者維持率 同じような YouTube 動画の視聴者維持率と比較することができます。動画で視聴者の注目をどれだけ維持できたかを、長さが同程度の他の YouTube 動画と比べた値が表示されます。 グラフ値が高いほど、自分の動画が他の動画の同じ期間に比べてより多くの視聴者の注目を維持できたことを表します。 …なにやら、むすがしい言葉ですが、 […]

>DHRグループとは?

DHRグループとは?

弊社は最先端のテクノロジーと誰もがワクワクするビジネスの企画力に強みがあり、Creative Communications(クリエイティブコミュニケーションズ)は映像・WEB・広告といったデジタルマーケティングの専門部門です。
私たちは2012年に「むずかしいをわかりやすく」をテーマに、お客様目線で視覚化することに特化した動画制作サービスとしてスタートしました。
大手企業様からベンチャー企業様まで多くのオンラインサービスに携わらせていただき、マーケティングツールの企画構成から導入や運用支援に至るまでのノウハウを培うとともに、1000社以上の企業様へサービスをご提供させていただいております。
現在では、様々な制作ニーズに応えるトータルプロダクションとして業種や業界を問わず幅広いクリエイティブを手掛けています。

CTR IMG