TAG

リクルート

人財採用×動画マーケティング これが採用に効く動画!

こんにちは!石田美穂です。 今年も残すところあと2ヶ月ですね! さて、売り手市場と言われる今、採用で自社にマッチする人財を採用できるのかどうかは企業にとって大きな課題です。 一方、働く人にとっても、就職は自分の今後を左右する決め手とも言える人生の一大イベント。 例えば新卒採用マーケットでも、大学生が企業選択のポイントとして第3位に 「社風のよさ」が挙げられており、(2018年卒マイナビ大学生就職意識調査より抜粋) 雰囲気や、職場の様子といったなかなか言葉では伝えきれない部分こそが今では重要視される傾向にあります。 そこで、最近では採用活動にあたり動画を活用する企業が増えています。 応募を集めるための広告に動画を活用したり、説明会やイベントで動画を流したり、動画活用の用途は多岐にわたります。 つまり採用動画は、企業と働く人、双方にとってメリットがあり貴重な資料というわけなのです。 今回は弊社の過去事例と併せて「採用に効く動画」のポイントをご紹介します! 企業が動画を採用活動に活用するメリット 自社の存在を認知させ、ブランディングをはかることができる 優秀な人材を採用するためには、そもそも自社の存在を広く認知させる ということが課題となります。そこで動画の活用が有効です。 サイト上に動画をアップしたりあるいは合同説明会やイベントなどのブースで 動画を活用することができれば、他社との差別化にも繋がります。 ■弊社動画事例:株式会社ロキテクノ様「新卒採用向け濾過技術説明アニメーション」 こちらは、新卒採用活動の会社説明会用に制作された動画です。 濾過技術の優位性を学生でもわかる言葉と例で説明しました。 自社の強みを柔らかいタッチで伝えることで、説明会参加者の興味を惹いて有効エントリー数を増やす狙いがあります。 こういった技術的には難解な説明も、動画を活用することでわかりやすくなりますね! また、最近ではSNSや動画プラットフォームの利用が拡大していることから、SNS広告や、Youtube広告などに動画を活用してリーチを広げている企業もあります。 自社の魅力を映像や音声でよりわかりやすくイメージとして表現できる 転職時の企業選定理由や、採用関連で求める情報が多様化しており、 自社の魅力を伝える事に苦心される採用担当者も多いのではないでしょうか。 だからこそ動画が有効なのです。 どんな職場で、どんな人たちが働いていて、どんな風に仕事をするのかは気になるところ。 人や職場環境の雰囲気やその魅力を伝えるためには、 テキストや静止画ではどうしても限界があります。 選考過程で職場環境を全て体験してもらったり、社員に会って話をしてもらうことは必ずしも できるわけではありません。 動画であれば採用担当者の工数を最小限にして、かつ雰囲気を伝えることが可能です。 さらに、WEB上で見られるようにすれば 「いつでも、どこでも、何度でも」応募者が動画を見ることが出来るのも利点です。 ■弊社動画事例:グリーン警備保障株式会社様「アルバイトスタッフ研修用動画 業務連絡編」 こちらは応募者の継続率を高めることと採用担当者の負担軽減のために制作された動画です。 先輩社員の口から仕事のやりがいや苦労を伝えることによってリアリティが増し、 毎回30分程度かけていた説明事項をアニメーションに要約したことで採用担当者の負担軽減を実現しました。 どのように自分が仕事をしていくのかといった入社後のイメージが湧きやすい動画になっています。 採用のミスマッチを防げる 社員インタビューや職場の映像なども織り交ぜながら、 職場のリアルをきちんと伝えてあげるということが重要です。 辛さや泥臭さなど、実際に仕事をしていく上では厳しい業務もあるものです。 […]

2019年新卒採用サイト比較!トレンドデザイン30選

こんにちは、石田です。 早いもので3月も中旬ですね。 花粉が飛び交い、私も毎日くしゃみが止まりません…。 花粉症の方も街でよく見かけますが、3月になって増えるのは就活生ですね。 スマートフォンとスケジュール帳を持ち、街を行き来しているのをよく見かけるようになりました。 就職活動をしていた頃の情報源は、やはり「企業の新卒向けリクルートサイト」でした。 企業と就活生を繋ぐ新卒サイトですが、最近はより優秀な人材を得ようとかなり凝ったものが多いです。 現在の就職活動は、短期です。選考期間が短縮されたことで企業・学生にとっても短期決戦になりました。 この短い選考期間で興味を持ってもらうにはリクルートサイトを用意すべきです。 この記事では、2019年度のリクルートサイトを紹介していきます。 今後リクルートサイトへ力を入れようとお考えの採用担当の方、ご参考にされてください。 ※こちらの記事は随時更新しています。   1.トレンドデザイン編 動画とパララックスでトレンディなサイト(Loft) http://loft.hartech.co.jp/2019/ 株式会社ロフトのリクルートサイトです。 サイトを開くとまず社員のインタビュー動画が流れます。スクロールはパララックスな動きでユーザーを飽きさせません。カラーもコーポレートカラーの黄色を用い、LOFTにしか作れないリクルートサイトになっていますね! トレンドの全画面動画(HONDA) http://www.honda-recruit.jp/ 本田技研工業株式会社(HONDA)のリクルートサイトです。 ファーストビューが全画面動画になっています。 流行の動画KVを取り入れたデザイン(KDDI) http://recruit.kddi.com/ 株式会社KDDIのリクルートサイトです。KVの動画は、就活生を光が追っていく内容になっています。 グリッドデザイン(イオンモール) http://aeonmall.com/saiyo/ イオンモール株式会社のリクルートサイトです。 トレンドのグリッドデザインが採用されています。スマホユーザーにも優しい設計です。 グリットデザイン(JTB) https://www.jtbcorp.jp/jp/job_offer/2019/ 株式会社JTBのリクルートサイトです。 KV部分はタイムラプスの動画、そして斜めの斜線を使用することで動きのあるサイトになっています。 コーポレートカラーが生きる、2スライド画面(楽天) https://corp.rakuten.co.jp/careers/graduates/ 楽天株式会社のリクルートサイトです。ビジュアルの左側は上に、右側は下にスライドします。 コーポレートカラーもホワイトと綺麗に響いています。 2.インパクト大!印象編 「本気は無敵!!」集英社 https://www.shueisha.co.jp/saiyo/ 株式会社集英社のリクルートサイトです。 集英社が発行している本の表紙が文字を作り出します。 本が作り出した「本気は無敵!!」の文字はインパクト大です。 Softbank http://recruit.softbank.jp/graduate/ […]

>DHRグループとは?

DHRグループとは?

弊社は最先端のテクノロジーと誰もがワクワクするビジネスの企画力に強みがあり、Creative Communications(クリエイティブコミュニケーションズ)は映像・WEB・広告といったデジタルマーケティングの専門部門です。
私たちは2012年に「むずかしいをわかりやすく」をテーマに、お客様目線で視覚化することに特化した動画制作サービスとしてスタートしました。
大手企業様からベンチャー企業様まで多くのオンラインサービスに携わらせていただき、マーケティングツールの企画構成から導入や運用支援に至るまでのノウハウを培うとともに、1000社以上の企業様へサービスをご提供させていただいております。
現在では、様々な制作ニーズに応えるトータルプロダクションとして業種や業界を問わず幅広いクリエイティブを手掛けています。

CTR IMG