TAG

プランニング

動画における企画書作成のポイント!誰もが共感する企画制作とは?

こんにちは!石田美穂です お気づきでしょうか? 実は先月からブログキャンペーンと勝手に題し更新頻度を上げて頑張っております! 意外にも(?)効果テキメンで、月半ばにしてアクセス数先月比なんと10倍を達成しました! 嬉しい~パチパチ~🎉 それだけ動画制作は今需要があり、多くの人に興味を持たれている分野であるということを再認識しました! そこで、これまで動画制作の大まかな流れをご紹介してきましたが、 より深く今回は「動画制作の第一歩」として 企画書の作成にスポットを当ててポイントやコツをご紹介していきたいと思います!   動画制作の事前準備(プリプロダクション)に 必要不可欠なもの ・企画書 ・シナリオ(台本) ・絵コンテ この3点となります。 外注の場合、事前の打合せでのヒアリング内容をもとに 企画書が制作されるのが一般的です。 弊社では、担当者が企画発案からシナリオ・絵コンテ作成まで ワンストップで行うことが多いのですが 制作会社によっては企画作成やシナリオ作成などが別料金の場合も多くあるため あらかじめ確認しておきましょう。 映像の制作は、いわば「形のないものを形にしていく」仕事です。 作品の完成前はモノが手元にないので、これから制作しようとしている作品が どういったモノになるのかというコンセンサスを形成することが 非常に重要であると同時に、それは容易ではありません。 例えば予算の承認ですと上司や関係先等に説明する必要があるでしょう。 そこで役立つのが企画書です。 撮影の前からどのような動画が出来上がるのかといった 最終的なイメージを全員と共有し、イメージのずれを最小限に抑えます。 制作工程においても、クリエイティブの方針を決めるにあたり 技術スタッフと認識を共有する重要なツールになります。 企画書作成のポイントとは? 企画書とは「企画の意図や趣旨、目指すゴール、アウトプットのイメージを提案するもの」 つまりは映像制作における全ての指針となるもの。 そのためまずは企画書をしっかりと作ることが制作の第一歩です。 企画は動画作品の良し悪しを大きく左右します。 また、どんなに素晴らしいアイデアであっても人に伝えることができなければ説得力はありません。 企画が通るかどうかは企画書の出来次第といっても過言ではないのです。 担当者は、クライアントが動画制作に至った背景、動画コンテンツに期待する効果、 最終的なゴールをお客様目線で的確に汲み取り、課題を顕在化させる必要があります。 それが土台となってはじめて、 プロならではの斬新な切り口や鋭い着眼点といったものが活きてくるのです。 企画書作成の際には、 ①何を成し遂げたいのか②誰に③何をどのように伝えるか […]

>DHRグループとは?

DHRグループとは?

弊社は最先端のテクノロジーと誰もがワクワクするビジネスの企画力に強みがあり、Creative Communications(クリエイティブコミュニケーションズ)は映像・WEB・広告といったデジタルマーケティングの専門部門です。
私たちは2012年に「むずかしいをわかりやすく」をテーマに、お客様目線で視覚化することに特化した動画制作サービスとしてスタートしました。
大手企業様からベンチャー企業様まで多くのオンラインサービスに携わらせていただき、マーケティングツールの企画構成から導入や運用支援に至るまでのノウハウを培うとともに、1000社以上の企業様へサービスをご提供させていただいております。
現在では、様々な制作ニーズに応えるトータルプロダクションとして業種や業界を問わず幅広いクリエイティブを手掛けています。

CTR IMG