TAG

フリー

プロも使ってる!動画に使われるフリーフォント7選

こんにちは! もうすぐハロウィン! 渋谷のDJポリスが話題になったあたりから、 数年で一気に国民的イベントになった感がありますね。 私も今年は仮装にチャレンジしてみようと計画しています。 やっぱりゾンビが定番かな?石田美穂です! さて、最近では無料の動画作成ソフトなんかもいろいろ出てきて、 作成した動画をを公開するサイトも増え 動画もまたハロウィン同様に、ここ数年で一気に プロ・アマ問わず身近なものになりましたよね! そこで四六時中動画ばっかり作ってる動画オタク的 動画づくりに役立つコツなどを このブログで複数回に分けてご紹介していけたらなと思っています。 今回はテロップや字幕といった、文字が動画に与える効果と プロも使用するフリーフォントをいくつかピックアップしてみました! 弊社の動画制作実績もあわせてぜひご覧ください!   動画に彩りを添える「フォント」 動画にテロップや字幕といった文字をつけることで、 観る人に与える情報力が圧倒的に増します。 今はスマホやタブレットで気軽に動画を観られるようになりましたから 外出先での視聴する場合も意識して、無音再生でも内容がわかるよう、 音声が聞こえても聞こえなくても動画が理解できるように配慮する必要があります。 ビジネスシーンにおいては、展示会や店頭映像などの広告でもテロップは活用されます。 展示会では、音声制限がある場合やブースや来場者の賑わいで 音が掻き消される場合などを想定し、インパクトの演出や来場者に足を止めてもらう目的で テロップを活用しているのです。 その際に、色々なフォントを取り入れることで、 動画内の発言でやメッセージを強調したり 雰囲気やイメージを視聴者へダイレクトに伝える訴求力の高い動画をつくることができます。 皆さんもぜひ映像の雰囲気に合わせた視認性の高い、見やすいフォントを選びを心がけましょう! ミスマッチしたフォントを選んでしまうと 途端に素人っぽさが全面に出たチープな映像になってしまったり、 本来伝えたかった雰囲気が出せなくなってしまいます。 結果、それだけで見る気が起きない=再生数が伸びない ということになってしまいますので気をつけたいところです。 視認性の高いフォントとは 視認性、というふうに先述しましたが、 動画に適したフォントとあまり適さないフォントがあります。 見やすいかどうか、ということですね。まずはその違いから見ていきましょう ゴシック体・明朝体の違い 日本語フォントの主要代表格のこの2つ 最近では色々なフリーフォントが出ていたりしてバリエーションも豊富です。 ゴシック体(欧文フォントでいうサンセリフ体) 縦横の太さが均等、装飾がない […]

>DHRグループとは?

DHRグループとは?

弊社は最先端のテクノロジーと誰もがワクワクするビジネスの企画力に強みがあり、Creative Communications(クリエイティブコミュニケーションズ)は映像・WEB・広告といったデジタルマーケティングの専門部門です。
私たちは2012年に「むずかしいをわかりやすく」をテーマに、お客様目線で視覚化することに特化した動画制作サービスとしてスタートしました。
大手企業様からベンチャー企業様まで多くのオンラインサービスに携わらせていただき、マーケティングツールの企画構成から導入や運用支援に至るまでのノウハウを培うとともに、1000社以上の企業様へサービスをご提供させていただいております。
現在では、様々な制作ニーズに応えるトータルプロダクションとして業種や業界を問わず幅広いクリエイティブを手掛けています。

CTR IMG