Craft men’s Blog 
〜ここだけは作り手目線〜

 

いつもお客様目線の制作を徹底している私たちが
作り手目線で“いいな”と思う
動画・デザイン・マーケティング手法…などを
スクラップブックのように書き溜めていきます。
プロデューサー、ディレクター、デザイナー、それぞれの感性で
旬な話題をピックアップするBlogです。

 

Original

デザインで誘導できる話

こんにちは、上野です。

先日、とあるお店に行きました。そのお店の扉は、入るときは「PUSH」出るときは「PULL」でした。私は、一目見てこのことに気づいたんです!
なぜ、一目で気づけたのかというと、扉の取っ手は建物の内側にしかついていなかったからです。
外側の扉には取っ手がなかったので、外からは「PUSH」するしかないですよね。
自然に、扉を押して開けることができました。
デザインに誘導されてお店に入ることができた、とも言えます。
 

フラットデザインとシグニファイアのお話はご存知でしょうか?
 

フラットデザインは聞いたことがあるかと思います。
Windows8でも、UIにフラットデザインが取り入れられ、話題になりました。
フラットデザインとは、今までの立体感のあるアイコンや、ドロップシャドウを廃して、
ピクトグラムや色、そしてタイポグラフィーで画面を構成したデザインのことを言います。
グラデーションなども極力使わないので、文字と背景のコントラストがはっきりし、
主張したいことが見やすいデザインです。
2013年のトレンドで、今もフラットデザインを取り入れているサイトは多く見られます。
 

一方で、デメリットもあります。
シグニファイアがないデザインということです。
シグニファイアとは、簡単に言えば「ユーザに適切な行動を促す視覚的な手がかり」です。
フラットデザインは、どこがクリックできるのか、どこがクリックできないのかわかり難いデザインということです。
 

シグニファイアは、webデザインに限らず、様々なデザインで大切です。
例えば、トイレのピクトグラムが赤と青があるとします。
あなたは男性です。どちらに入りますか?

………青ですね。
色が付いていることによって、知覚ができています。
付いていなかったら、どちらに入っていいのか分からず大変ですよね。

シグニファイアのあるデザインで、ユーザを誘導することができるんです!
シグニファイアをしって、ユーザにとってわかりやすいデザインを作っていきたいですね。


参考:ネットショップのツボ https://www.ec-cube.net/tsubo/2014/02/17/336
参考文献:ドナルド・A・ノーマン著 「誰のためのデザイン?ー認知科学者のデザイン原論ー」 新曜社
 

上野

上野

初めまして!デザイナーの上野と申します。 人の心に残すデザインを日々追求しています。 デザインやレイアウト、面白かった動画等…様々な観点から記事を書いていきたいと思います。 趣味は、舞台観劇とファインアート制作。好きなものは、犬とアートです。 よろしくお願いいたします!

CraftClip TOP

この内容で送信します。よろしいですか?